2013年10月13日

Gmail ラベル分け方法


Gmailは,フォルダ分けという機能の代わりに,
ラベルごとにメールを分類できます。
これを使えばサイトごとにメールを分類できるので便利です。

ポイントサイトに登録していくと
たくさんのサイトからメールが送られてきます。
サイトごとにメールを整理し,
メールチェックを楽に行いましょう。


Gmail ラベル分け方法


ラベル分けの方法を説明します。
例として,げん玉から送られてくるメールに「げん玉」
というラベルをつけ,分類します。



まず,Gmailの画面右上から「設定」ページに行きます。
gmailラベル設定2.jpg



「ラベル」「新しいラベルを作成」をクリック。
gmail設定2.jpg


ラベル名に「げん玉」と入力し,「作成」ボタンをクリックします。
これで「げん玉」というラベルができます。
gmailラベル設定3.jpg



次に,「フィルタ」「新しいフィルタを作成」をクリック。
gmailラベル設定4.jpg


「From」のところに,分類したいサイトのメールアドレス
もしくはアドレスに含まれる文字列を入力します。

gmailラベル設定5.jpg


げん玉の場合,送られてくるメールのアドレスには
全て「gendama」という文字が含まれています。
gmailラベル設定1.jpg



そのため,「From」に「gendama」と入力します。
入力すると,「この検索条件でフィルタを作成」をクリックします。
gmailラベル設定6.jpg


「ラベルを選択」「げん玉」を選択します。
赤で囲んだ2か所にチェックを入れ,「フィルタを作成」をクリックします。
gmailラベル設定7.jpg
一番上の「受信トレイをスキップ」にチェックを入れると,
「受信トレイ」のラベルが付かなくなります。
受信トレイをすっきりさせたい場合は,ここにもチェックを入れます。




これで,ラベル分けは完成です。
左側にラベルの一覧が表示されているので,確認しましょう。
「げん玉」をクリックすると,げん玉からのメールだけが表示されます。
これから新しく送られてくるメールにも,このラベル分けは適用されます。
gmailラベル設定8.jpg




このラベル分けはとても便利なので,
ポイントサイトごとに作成しましょう。

ラベルを作成し,フィルタの「From」の部分に
アドレスに含まれる文字を入力するだけです。

例えば,
「GetMoney!」ならばアドレスに「getmoney」が含まれているので,
「From」「getmoney」と入力します。

「ハピタス」は「hapit​as」
「モッピー」は「moppy」
「ECナビ」は「ecnav​i」
「ライフメディア」は「imi」

など。



Yahoo!メールなどでもフォルダ分けはできます。
大切なのは「From」に入力する文字です。
1つのサイトでも,複数のアドレスからメールが送られてきます。
しかし,サイトごとに共通する文字があるので
その文字を入力します。


ラベル分け機能を使い,メールチェックの時間を短縮しましょう。



posted by shibu at 09:28 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: